Unity:Addressable Assets System を WebGL で使ってみた。

Unity2018.2以降では、AssetBundle の仕組み見直され Addressable Assets System (preview版) が新たな仕組み として提供されています。まだ、Preview版なのでバグが残っていたり、仕様が変更されていたりと色々と変更が発生しているようでしたが気にせず使ってみます。

READ MORE Unity:Addressable Assets System を WebGL で使ってみた。