Unityのおすすめアセット 5選(カメラ編)

最終更新日

カメラ

Unityでのカメラの扱いは実は難いですよね、特定のオブジェクトとカメラをロックしてしまったり、直線的にカメラを移動させてしまったり、カメラ効果がなく画面がノッペリしてしまったりしますよね。

カメラを簡単に映画的な表現をするために、主に以下のような事が可能になります。

  • カメラの移動(追跡、揺れ)
  • 複数カメラを扱える
  • カメラ効果を追加して多様なエフェクトをかける
  • カメラ映像をキャプチャする

今回はカメラアセットを5つ選びましたのでご参考にしていただければと思います。

The Cinema Suite

The Cinema Suite

4つのアセットが1つになった映画的表現が可能なアセット

  • オブジェクトをタイムラインで動かしてムービーを作るのが得意なCinema Director
  • Kinectを利用してキャラクターのオリジナルモーションが作れるCinema Mo Cap。(最新型のkinectにも対応)
  • 現実に販売されているプロ級のカメラレンズをそのまま再現できるCinema Pro Cams
  • 全体的に色や演出を変えるカメラエフェクトが入ったCinema Themes。(これは無料)

Pro Camera 2D

Pro Camera 2D – The definitive 2D & 2.5D Unity camera plugin

2Dゲームに特化し、カメラに追跡や揺れ、フェードなどの多種多様な機能を追加する。(有料)

NatCam

NatCam – WebCam API

UnityでWebCamやモバイルカメラを扱いたい場合は必須かも。このアセット一つで様々なカメラコントロールができるようになる。あと、OpenCV for Unityとの連携を取るためのサンプルも入っていて、それが便利。(有料)

Helios

Helios

Unityのゲーム画面(3D、360°)を動画としてキャプチャできる人気アセット。(有料)

Cinemachine

Cinemachine

カメラをTimeline上でコントロールするためのUnity公式アセット。公式なので情報は多いですし安心して使える。(無料)

おすすめの記事







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする