Unity:スクリプトから一時停止・停止・再生をする方法(エディタを制御)

最終更新日



たっつー
たっつー

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。
Twitter(@kingyo222)で Unity情報 を発信しているのでよければフォローしてください!

 

こんな場合に便利

UnityのC#スクリプトから一時停止したい場合って結構ありますよね。

条件を指定して停止

人間系で感知不可能なタイミングで発生する不具合の時に一時停止したり。

ヒエラルキーを確認したい

VisualStudioで一時停止すると、ヒエラルキーの状態が確認できないので不便だったりしますよね。

エディタ拡張を作りたい

エディタ拡張を作っているときにUnityエディタの再生・停止・一時停止を制御する場合に使えます。

 

一時停止・停止のスクリプト

一時停止するのは簡単です、以下のC#スクリプトを、一時停止・停止したい場所に挿入してみましょう。

一時停止

UnityEditor.EditorApplication.isPaused = true;

停止(終了)

UnityEditor.EditorApplication.isPlaying = false;

再生

UnityEditor.EditorApplication.isPlaying = true;

注意

また、UnityEditorネームスペース以下のコードはUnityエディタでしか動作しないため以下のようにすると便利です。

#if UNITY_EDITOR
  UnityEditor.EditorApplication.isPaused = true;
#endif

便利機能一覧

以下に、他にもある便利機能のリンクを載せますのでぜひご参照ください。







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする