Unity:すばやくファイルを探す「Unity Quick Search」の使い方

最終更新日

はじめに

Unity 2019.1 から Previewパッケージとして追加された「Unity Quick Search」が便利でしたので、ご紹介させていただきます。

Unityを知らない方は、ぜひ こちらの記事 をご参照ください。

「Unity Quick Search」を導入する

「Unity Quick Search」は Unity 2019.1 から導入可能なパッケージとして配布されています。しかもまだ Preview版なので手順が変わる事があるのでご了承ください。

まずはメニューから「Package Manager」を開いてください。

次に、プレビュー版のパッケージを表示して、「quick」と入力すると「Quick Search」が表示されるのでインストールを実行しましょう。

「Unity Quick Search」の使い方

起動方法

「Quick Search」を使うには、 Alt + ' または Help -> Quick Searchから画面を起動しましょう。
(Windows での Alt + ‘ がちょっとわからなかったのでメニューから開いて確認しています💦)



以下、公式の画像を流用させていただきます。

詳しい 使い方

以下の虫眼鏡アイコンを選択するとチェックボックスで、検索対象を変更できます。

  • Asset : どのアセットを検索に含めるか変更
  • Scene : 現在のシーンを検索に含める
  • Menu : Unityの各メニューの実行が行える
  • Settings : 各プロジェクトの設定ページまたは検索が可能
  • Online Search : Unityのマニュアルなどから検索が可能

Asset

使ってみるとわかりますが、使わないアセットなどが検索候補にでてきて結構つらいです、なので使うアセットだけを含めるようにしましょう。

Scene

現在のシーンに含まれる、GameObject の検索が可能です、使わない場合にはOFFにしましょう。

Menu

Unityのメニューに含まれる物が実行可能になります。
例えば「Test Runner」を起動したい場合には、「test run」と入力すればよい感じです。

Setting

プロジェクト設定画面などの各メニュー項目が検索可能です。

Online Search

Unityのマニュアルを検索して、ブラウザで開いてくれます。

その他の使い方

その他には以下のような機能があります、詳しくは公式のドキュメントを参照ください。

  • キーボードナビゲーション
  • フィルター
  • Last Search
  • ドラッグアンドドロップ
  • API

便利機能一覧

以下に、他にもある便利機能のリンクを載せますのでぜひご参照ください。







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする