Category: 未分類

Unity:Addressable Assets System を WebGL で使ってみた。

Unity2018.2以降では、AssetBundle の仕組み見直され Addressable Assets System (preview版) が新たな仕組み として提供されています。まだ、Preview版なのでバグが残っていたり、仕様が変更されていたりと色々と変更が発生しているようでしたが気にせず使ってみます。

READ MORE Unity:Addressable Assets System を WebGL で使ってみた。

Unity:Looking Glass を WebGL を使ってブラウザで表示する

Looking Glass と言うデバイスをご存知でしょうか。このデバイスはクラウドファンディングのKickstarterに昨年夏ごろ登場した裸眼で3Dが体験できる素晴らしいデバイスになります(動画)。本デバイスを Unity の WebGL プラットフォームで表示すれば Looking Glass 所持者の間で簡単にデモアプリが動かせるようになるのでその方法を調査してみました。

READ MORE Unity:Looking Glass を WebGL を使ってブラウザで表示する

フォトグラメトリでUnityで取り込めるObj形式にする

フォトグラメトリにより複数枚の画像から3Dモデル形式のファイルが出力可能となるため、普段のカメラ等があれば3Dモデリングができない初心者でも3Dモデルが作成できます。今回は 3DF Zephyr Freeを使って試してみたので皆さんもぜひ試してみてください。

READ MORE フォトグラメトリでUnityで取り込めるObj形式にする

Unity:Mesh(メッシュ)の動的生成でキューブを生成

Unityの標準オブジェクトでキューブが使えますが、このキューブをスクリプトで生成してみました。本来キューブは8頂点で生成できるのですが影をうまく出そうとすると24頂点にする必要があったのでその対応を行いました。

READ MORE Unity:Mesh(メッシュ)の動的生成でキューブを生成