Unity:UI Elements でパラパラ漫画風のGUIを作ってみる。

最終更新日

はじめに

たっつー(管理人)
たっつー(管理人)

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。

今回は「いくつかサンプル書いたよ」の記事の1つ「 画像をパラパラ漫画風に動かす 」を解説したいと思います。
ぜひ、お付き合いいただければと思います(#^^#)

UI Elementsとは?

こちらの記事をご参照いただければと思います。

パラパラ漫画風のGUIを作ってみよう

さっそくですが、ツールバーの実装をしてみたいと思います。

GUIの実装

Editor フォルダを作成し、右クリックのメニューから「UIElements Editor Window」を選択してください。



「Sample4」を入力してください。

次に、Sample4.cs を以下のように変更してください。

using UnityEditor;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UIElements;
using UnityEditor.UIElements;


public class Sample4 : EditorWindow
{
    [MenuItem("UIElementsSamples/Sample4")]
    public static void ShowExample()
    {
        Sample4 wnd = GetWindow<Sample4>();
        wnd.titleContent = new GUIContent("Sample4");
    }

    private Label label;
    private Image image;
    private SliderInt slider;

    public void OnEnable()
    {
        VisualElement root = rootVisualElement;

        // Import UXML
        var visualTree = AssetDatabase.LoadAssetAtPath<VisualTreeAsset>("Assets/Editor/Sample4.uxml");
        var styleSheet = AssetDatabase.LoadAssetAtPath<StyleSheet>("Assets/Editor/Sample4.uss");
        VisualElement labelFromUXML = visualTree.CloneTree();
        labelFromUXML.styleSheets.Add(styleSheet);
        root.Add(labelFromUXML);

        this.label = root.Q<Label>("label");
        this.image = root.Q<Image>("image");
        this.slider = root.Q<SliderInt>("slider");

        slider.RegisterValueChangedCallback<int>(Slider_ValueChanged);
    }

    private void Slider_ValueChanged(ChangeEvent<int> evt)
    {
        this.label.text = $"page {evt.newValue}/{slider.highValue}";
        var backgroundTexture = Resources.Load<Texture2D>($"img_{evt.newValue}");
        this.image.style.backgroundImage = backgroundTexture;
    }
}

次に、Sample4.uss を以下のように変更してください。

Label {
    font-size: 20px;
    -unity-font-style: bold;
	-unity-text-align: middle-center;
    color: rgb(68, 138, 255);
}

Image {
    padding-left: 20;
    padding-top: 20;
    height: 150;
	background-image: url("/Assets/Resources/img_0.png");
}

次に、Sample4.uxml を以下のように変更してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<engine:UXML
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xmlns:engine="UnityEngine.UIElements"
    xmlns:editor="UnityEditor.UIElements"
    xsi:noNamespaceSchemaLocation="../../UIElementsSchema/UIElements.xsd"
    xsi:schemaLocation="UnityEngine.UIElements ../../UIElementsSchema/UnityEngine.UIElements.xsd
                        UnityEditor.UIElements ../../UIElementsSchema/UnityEditor.UIElements.xsd
                        UnityEditor.PackageManager.UI ../../UIElementsSchema/UnityEditor.PackageManager.UI.xsd">
  
  <engine:Label text="start" name="label" />
  <engine:Image name="image" />
  <engine:SliderInt low-value="0" high-value="92" value="1" name="slider" />
</engine:UXML>

画像リソースの準備

次に、「Resources」フォルダを作成して、その下に 「img_0.png」 「img_1.png」 「img_2.png」・・・ 「img_92.png」までの画像を格納してください。

動作結果

どうでしたか簡単に実装が行えたと思います。
Unityのメニューから、「UIElementsSamples -> Sample4」を選択して実行を確認してみてください。

次に読んでほしい記事







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする