Unity:HoloLensで利用できる入力イベント(MRTKを使わない標準機能のみ)

最終更新日

はじめに

たっつー(管理人)
たっつー(管理人)

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。

 

最近、HoloLensをまた触り始めたのでその情報を粛々と追加していってみたいと思います。

Unity標準で利用できる入力イベント

MRTKを使ってHoloLensの入力イベントなどを実装できる仕組みはよくご存じかと思いますが、MRTKを使うまでもないなどの場合には、Unity標準で使えるもので間に合わせるのがよいですよね。

HoloLensとImmersiveデバイスで同様の挙動をする場合もありますが、違う場合もあるので Immersiveデバイス を使う場合は注意ですね。

Detect : 手が認識範囲になった。
Lost:手が認識範囲から出た。
Update:手の位置が変わるたびに呼び出される。
Press:エアタップしたら呼び出される。
Release:エアタップの指が離されたら呼び出される。

void Start()
{
    InteractionManager.InteractionSourceDetected += SourceDetected;
    InteractionManager.InteractionSourceUpdated += SourceUpdated;
    InteractionManager.InteractionSourceLost += SourceLost;
    InteractionManager.InteractionSourcePressed += SourcePressed;
    InteractionManager.InteractionSourceReleased += SourceReleased;
}

void SourceDetected(InteractionSourceDetectedEventArgs state)
{
  // Detect
}

void SourceUpdated(InteractionSourceUpdatedEventArgs state)
{
  // Update
}

void SourceLost(InteractionSourceLostEventArgs state)
{
  // Lost
}

void SourcePressed(InteractionSourcePressedEventArgs state)
{
  // Press
}

void SourceReleased(InteractionSourceReleasedEventArgs state)
{
  // Release
}

便利機能一覧

以下に、他にもある便利機能のリンクを載せますのでぜひご参照ください。







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする