Unityのおすすめアセット 7選(AR・VR・MR編)

最終更新日

AR・VR・MR

そろそろAR・VRは用語が大衆化してきたかなと思いますが、MRについてはまだ開発者界隈での認知に留まっているのかなと思います。

そこであまり関係ないですが用語のおさらい(ここから引用)です、それ以外にも実はSR・XRもあったりします。XRとはAR・VR・MR・SRを纏めた総称になります。

  • VR(仮想現実:Virtual Reality:バーチャルリアリティ)
  • AR(拡張現実:Augmented Reality:オーグメンテッドリアリティ)
  • MR(複合現実:Mixed Reality:ミックスドリアリティ)
  • SR(代替現実:Substitutional Reality:sa:サブストゥショナルリアリティ)
  • XR(X Reality:クロス・リアリティ)

さて、今回は上記開発では必須になりつつあるプラグインをそれぞれご紹介させていただきます。

SteamVR Plugin

SteamVR Plugin

SteamVR Plugin(無料)

HTC ViveをUnityで使うために必須なプラグイン。

Final IK

Final IK

Final IK (有料)

手先の位置情報だけで、手・肘・肩などの位置・方向・回転を自動的に決定してくれます。
Oculus Rift / HTC ViveなどのVR機器との組み合わせで使うと自然と腕全体が動いているように見せる事ができるのがよいですよね。相性バッチリ!

Dynamic Bone(50% OFF)

Dynamic Bone

Dynamic Bone (有料)



人型モデルの 揺れ物 (髪の毛、服など)を簡単に揺らすことができる定番アセット
揺れ物を実現できるだけで2D・3Dの表現力が格段にアップするのでかなりおすすめです。

The Lab Renderer

The Lab Renderer

The Lab Renderer (無料)

VRに最適化された描写をするためのシェーダーやライト用のスクリプトのセット。パフォーマンスが落ちてしまいがちな複数スポットライト配置などがこれを使うことによって改善される。

VRTK – Virtual Reality Toolkit

VRTK - Virtual Reality Toolkit - [ VR Toolkit ]

VRTK – Virtual Reality Toolkit – [ VR Toolkit ] (無料)

AR・VR・MRで開発を行うのにほぼ必須となっているアセット。
様々なUIパーツを提供してくれたり、Unity上でデバッグできるようにマウスでのコントロール機能を備えてくれたり、と AR・VR・MRの開発をするのであれあばこれを入れればなんでもやってくれる状態になる

最強です。

Vuforia

Vuforia (無料)

ARでマーカーを認識するならまず最初にVuforiaが思いつくと思うぐらい定番のアセットになります。

Arcolib

Arcolib

Arcolib(有料)

モバイルで使えるARマーカーの認識をします。
Vuforiaのライセンスが変更された関係で使いにくくなっているらしいので、その代替としてよさそうです。

おすすめの記事







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする