Visual Studio 2019 は Unity で使えるの?

最終更新日

はじめに

2019/4/2 に Visual Studio 2019 が正式にリリースとなりました。Visual Studio と言えば Unity でのスクリプトを編集する際にスタンダードになっている開発環境となりますが、今回はインストールして使えるかどうか確認してみたいと思います。

Unityを知らない方は、ぜひ こちらの記事 をご参照ください。

Visual Studio 2019 をインストール

ダウンロード からVisual Studio をダウンロードしましょう。

インストーラーをダウンロードしたら実行しましょう。

続行をしましょう。

インストールする機能の選択画面になったら「Unityによるゲーム開発」をチェックして、「インストール」ボタンを押しましょう。

Visual Studio 2019が自動的に起動しますが、いったん無視しましょう。
 ※それにしても起動画面がずいぶんあっさりになりましたね。

Unity 側の設定

さっそく Unity を起動してメニューから「Preferences」を選択しましょう。

Preference 画面で、「External Tools」> 「External Script Editor」> 「Visual Studio 2019」を選択しましょう。

スクリプトを追加して、適当なオブジェクトにアタッチします。

スクリプトをダブルクリックすると、Visual Studio 2019 が起動します。

Start メソッドにブレイクポイントを設定して、「Unityにアタッチ」ボタンをクリックしてデバッグ実行しましょう。

Unity画面に戻って、「Play」ボタンを押下してみましょう。

VisualStudio 2019 側でうまくブレイクポイントで停止して、デバッグが行えている事が確認できます。

終わりに

どうでしたか、簡単でしたね。
Preference の External Editor の設定を変更する事により、デフォルトの開発環境を指定できます。
開発環境はいくつかあり、MacでVisualStudioを使うことに抵抗がある方などは「Ridar」を使ったりもしますので同じ手順で設定を変更できます。



シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする