Unity:バウチャーコードの使い方(Voucher、チケット)

最終更新日

はじめに

たっつー(管理人)
たっつー(管理人)

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。
Twitter(@kingyo222)で Unity情報 を発信しているのでよければフォローしてください!

 

 

Unityではアセットの譲渡する方法として、バウチャーコードがあります。

Unityイベントに参加した際に、アセットプレゼントでバウチャーコードをもらったり。UntiyAssetStore 以外でアセットを購入した場合などに、バウチャーコードが発行される場合などがあります。

そんな場合に、バウチャーコードを実際にUnityに取り込む方法をご紹介させていただきます。

 

バウチャーコードの使い方

バウチャーコードを用意する

まずは、お手元にバウチャーコードを用意してください。
※英数字の30桁くらいのコードになります。

Unityで取り込みをする

次に、Unityの管理画面から「バウチャーコード」キーの取り込みを行います。
こちらのページ(Unity、バウチャーコード入力)にアクセスしてください。

上記で、コピーした「バウチャーコード」キーを張り付けて、「Redeem Vouchar Code」を選択してください。

「バウチャーコード」の取り込みが正常に行われました。
My Assets」にアクセスして取り込まれているか確認しましょう。

「My Assets」一覧に、上記取り込んだ「Easy Mobile Pro」が表示されていますね。安心しました。

※「バウチャーコード」の期限は、有効期限が設定されている場合があります。
例えば1年などの期間が設定されている場合は余裕がありますが、長すぎて忘れてしまう事があるので、すぐにUnityアカウントに取り込みしておきましょう。







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする