Unity:JetBrains Rider の使い方(Mac編)

最終更新日

はじめに

たっつー(管理人)
たっつー(管理人)

こんにちは、のんびりエンジニアのたっつーです。

 
今回は、Unityの外部エディタをRiderに変更する方法を記載します!

JetBrains Riderとは?

公式から引用させていただきますと、JetBrains社が開発しているUnity用のエディタで、Windows/Mac/Linuxで使えるよ!!との事です。

JetBrains Riderは高速でパワフルな C#エディタで、 Windows、Mac、Linux上で動作するUnity用です。

無敵の2500個以上のスマートコードの検査とリファクタリングを備えたRiderは、C#の経験を強化し、誤りのないコードをより速く書くことができます。

JetBrains社といえば、Pythonの開発環境で広く使わているPycharm、Webの開発で広く使われているWebStormとIDEの開発については老舗になります。

そしてそのJetBrains社がUnity用に開発しているブラウザと言う事で期待が持てますね、さっそくインストールして使ってみましょう。

インストール

さっそく、ダウンロードサイトからRaiderをダウンロードしてインストールしてみましょう。

起動すると、設定インポートの選択がでますが無視して「OK」ボタンを押します。

テーマの選択ですね、好きな方を選んで「Next〜」ボタンを押しましょう。

テーマ毎の色配色の選択がありますね、Visual Studioを普段使うので選択してみます、「Next〜」で次に行きます。

「Unity」を「Enable」に変更して、「Next〜」を押しましょう。

何もせずに「Next〜」を押しましょう。

何もせずに「Next〜」を押しましょう。

今回はお試しということで、フリーで使わしてもらいます。
選択したら、「Evaluate」を押しましょう。

初期画面が起動してら、右下の「Configure」>「Plugin」を選択しましょう。

「Unity Support」プラグインを有効にして、「OK」ボタンを押しましょう。

Unity側の外部エディタ変更

次に、Unity側の設定変更になります。

Unityのメニューから「Preferences」を選択しましょう。

Preferences画面の「External Tools」から外部エディタを「Rider 〜」に変更しましょう。

動作確認

さてそれではさっそくRiderエディタの実力を見せてもらいましょう。

インテリセンス使えるよね?

適当にスクリプトを作成して、ダブルクリックしてエディタを開きます。

エディタが開いたところで、Command + Spaceキーを押下すると、入力候補一覧が表示されました、Unity固有の型が表示されますね。

問題なく動作しました。

デバッグ実行できるよね?

次に気になるのがデバッグ実行できるかどうか、これは開発する上で必須になるので、デバッグが使えないと開発環境としては採用できないですよね。

さっそくブレイクポイントを追加します。

次に、ツールバーにあるUnityアイコンから「Attach To Unity Process」を選択します。

Unityが裏で起動していれば、一覧が表示されますので「Unity 〜」を選択して、「OK」ボタンを押してください。

次に、ツールバーの「Play」ボタンを押してください。

すばらしい!
デバッグポイントで停止して、変数の中身が確認できる事が確認できました!!

.gitignoreの設定

Ridarを使って開発をする場合には、もれずにGitを使うと思います。
以前紹介した gibo で.gitignore が生成できますが Rider 用のは生成できないため、「UnityをRiderで書くときのgitignoreの設定」から引用させていただきます。

# Created by https://www.gitignore.io/api/unity
# Edit at https://www.gitignore.io/?templates=unity

# Jetbrain Rider Cache
.idea/
Assets/Plugins/Editor/JetBrains*

# Visual Studio Code
.vscode/


### Unity ###
[Ll]ibrary/
[Tt]emp/
[Oo]bj/
[Bb]uild/
[Bb]uilds/
Assets/AssetStoreTools*

# Visual Studio cache directory
.vs/

# Autogenerated VS/MD/Consulo solution and project files
ExportedObj/
.consulo/
*.csproj
*.unityproj
*.sln
*.suo
*.tmp
*.user
*.userprefs
*.pidb
*.booproj
*.svd
*.pdb
*.opendb
*.VC.db

# Unity3D generated meta files
*.pidb.meta
*.pdb.meta

# Unity3D Generated File On Crash Reports
sysinfo.txt

# Builds
*.apk
*.unitypackage

# End of https://www.gitignore.io/api/unity

気になる点

Assets にRider用のプラグインがインストールされます、これ人によっては結構きになりまよね!







よければ、SNSにシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする