「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル」を読みました

最終更新日

Comments: 0

書籍紹介

レビュー

著者は33歳でお金からのしがらみから解放されて、仕事に対するモチベーションを技術に絞って未だに活動されているとの事。お金からの解放とは何を意味するのかというと、長い間投資を経て資産からの不労所得が安定的になりソフトウェア開発者として稼がなくても十分に暮らしていける事を指している。

また、この本ではソフトウェアの技術的な側面はほぼ語られない。
この本で語られる内容はソフトウェア開発者に必要な技術以外のスキルである、目次を見ていただければわかるが、キャリア構築・セルフプロデュース・お金(投資、節税)・健康管理・心に関しての考え方である。

本書にも書かれているように、この本が書かれた目的は、この本を通じて、あなたの人生が少しでもよい方向に進むことです。

対象者

この書籍は以下の方が対象になるかと思います、あてはまる方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

・これからフリーランスになろうと思っている方
・技術だけではなく人間力が必要な方
・セルフプロデュースのやり方がわからない方
・ソフトウェア開発者として漠然と何をしていいのかわからない方
・成功者が何をしたのか知りたい方

目次

第1部 キャリアを築こう
第2部 自分を売り込め!
第3部 学ぶことを学ぼう
第4部 生産性を高めよう
第5部 お金に強くなろう
第6部 やっぱり、体が大事
第7部 負けない心を鍛えよう

付録A コードを書けるなら金融は理解できる
付録B 株式市場の仕組み
付録C 食事と栄養の基礎:ガラクタを入れればガラクタが出てくる
付録D 健康な食事の方法:ピザは食品群ではない

謝辞
訳者あとがき
解説 まつもと ゆきひろ(Matz)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする